抗うつ剤の処方とうつの原因【発症原因には遺伝的要素もある】

うつ病は治る病気です

錠剤

早期発見が必要です

うつ病は、生涯で15人に1人がかかるといわれている、ポピュラーな病気です。もし、うつ病になると、夜に眠れないといった症状が現われます。また、食欲が落ちて疲れやすくなる、感情の起伏が激しく、泣くことが多い、何もする気が起きないなどの症状が現われます。うつ病は「こころの風邪」などといわれて、深刻ではない病気のように思われがちです。しかし、当事者にとってはとてもつらい病気です。ひどいときには希死念慮といって「死にたくなる」気持ちが起きることもあります。また「身体症状を伴ううつ」として、腹痛や頭痛などが起きる場合があります。このような場合には、うつ病が原因だとわからないので、継続して医師にかかる必要があります。さて、うつ病の治療に効果的なのが抗うつ剤です。抗うつ剤の種類には、古くからあるものとして三環系(トフラニールなど)・四環系(テトラミドなど)といったものがあります。また、SSRI(デプロメールなど)、SNRI(トレドミンなど)と呼ばれる新しい薬があります。新しい薬の方が、副作用が出にくいといわれています。うつ病は早期発見・早期治療が望ましいです。適切な治療を受ければ、回復することも例外ではありません。うつ病が疑われる場合、診療科目はどこがよいのでしょうか。うつ病かどうかの判断はむずかしいです。はじめは内科を受診して、身体的には異常がないと判断されたら、心療内科を受診するのがよいといわれています。そうすれば抗うつ剤を処方してもらうことができます。また抗うつ剤にはさまざまなものがあり、人によって効き方が違うため、長期にわたり薬の処方を変えていくなど、慎重な対応が必要です。そして、症状がひどくなるときは、精神科を受診することが望ましいです。「精神科」と聞くと、なにか非常に重篤のように思われがちですが、いたずらに病気を長引かせるより、効果的な治療のために、精神科にかかることも必要なのです。そして精神科の場合、「医療保護入院」といって、本人の意思に反して家族などの同意により入院する制度があります。緊急な保護の必要性がある場合は、このような措置がとられることがあります。そして抗うつ剤の効き目が人によって違うことから、薬が合わないと意識がもうろうとなってしまう例もあります。入院が必要な例のひとつです。

Copyright© 2018 抗うつ剤の処方とうつの原因【発症原因には遺伝的要素もある】 All Rights Reserved.