抗うつ剤の処方とうつの原因【発症原因には遺伝的要素もある】

薬とカウンセリング治療

男性

まずはうつ病の診断から

うつ病になった場合、医師やカウンセラーの力を借りて治療することになります。まずは病院で診断を受け、どのような症状があるかを伝えます。医師による治療は、問診から問題となっている症状を特定し、必要な薬を処方するのが主です。したがって、患者側からどのような症状が出ているか、どの程度出ていて困っているかを具体的に伝えることが重要となります。うつ病は症状が多岐にわたるため、一つ一つの症状に対応させようとすると処方薬が複数になる場合もあります。そのときも、医師が飲み合わせを考えた上で処方するため、些細な症状でもしっかり伝えるべきです。処方される薬は、いわゆる抗うつ剤の他に、身体的な症状が出ていれば胃腸薬や頭痛薬などが出ることもあります。抗うつ剤は気持ちを落ち着かせたり不安な気持ちを和らげたりする効果があるものが一般的ですが、あくまでも対症療法であり根本治療の補助となります。根本の原因に立ち向かうには、カウンセリングを利用したい旨を伝えることが大切です。カウンセラーに話を聞いてもらい、一緒に解決策を考えることでストレスが少しずつ解され、うつ病が改善に向かっていきます。うつ病の治療は、まず病院でうつ病の診断を受けるところから始まります。実際はここまでの道のりも意外と大変で、なぜならば多岐にわたる症状をうつ病が原因だと患者自身が気付くまでに時間がかかるためです。激しい落ち込みや不安、治まらないイライラなど精神的な症状が出ればまだしも、始まりは頭痛や腹痛など特異性のない症状が出るケースもあります。これを疲れや寝不足のせいにしているとうつ病を見落とす可能性があるので、検査で異常が見つからなかったときや症状が薬で改善せずいつまでも続く場合は、うつ病の可能性も考えることが大切です。病院で診断を受けたら、薬を処方されるのが一般的です。現時点で支障が出ている症状に対して薬が出ますが、その中には抗うつ剤も含まれます。特に抗うつ剤は人によって効く効かないの個体差が大きく、使用してみないと分からないものも少なくありません。そのため医師とこまめに話をしながら薬の効果を見極めていきます。同時に、カウンセリングによる治療も有効です。自分が感じている不安や悩みを打ち明けることから始まり、その原因を探り、対処法を具体的に立てていくのが主な流れです。

Copyright© 2018 抗うつ剤の処方とうつの原因【発症原因には遺伝的要素もある】 All Rights Reserved.