抗うつ剤の処方とうつの原因【発症原因には遺伝的要素もある】

薬で治す時の注意点

聴診器

予防医療でうつ病を防ごう

失われた幸福感とやる気を回復させるのが抗うつ剤の役目であり、うつ病治療では中核を成す薬です。しかし、中には眠気を誘う抗うつ剤もあるので、仕事やプライベートで自動車を運転される人は、その旨を掛かり付けの精神科医にお伝えください。場合によっては車の運転に影響が出ない薬に替えてくれますから、忘れずに申し出ておきましょう。また、ほかの病気の治療で薬を飲んでいる時も、その薬品名を必ず医師に話しておきます。薬は干渉し合うことがあるため、飲み合わせ次第では抗うつ剤の効き目が弱くなったり、反対に効果が強くなり過ぎたりするパターンもあるのです。同様にサプリなどの健康食品を利用する際も、併用して問題がないか、精神科医に確認しておきましょう。一方、抗うつ剤は効き目が現れるまで2週間前後は必要ですので、効果を実感できなくても飲み続けることが肝心です。ただし、効き始める筈の時期に達しても一向に効果が見られない時は、医師にそのことを伝えましょう。抗うつ剤には沢山の種類があるため、薬が合っていなければ、別の薬を処方してくれます。大半のうつ病はストレスが原因で発病しますが、寝不足も発症率を底上げするため、うつ病を防ぐには毎日しっかり眠ることが大切です。そして、もしも眠れない日々が続いた時は、メンタルクリニックなどの精神科で相談してみましょう。一般内科では睡眠薬が処方されるのに対し、精神科なら抗うつ剤も選択肢に加えられるのが魅力です。例えば、眠りを誘発しやすいことから、車を運転する人には適さない四環系の抗うつ剤も、不眠対策では優れた効果を発揮してくます。四環系は、三環系と比較して副作用が非常に少ない抗うつ剤で、そのうえ睡眠導入剤と異なり、依存性などもありません。ぐっすり眠れば心と体にエネルギーがチャージされ、うつ病を寄せ付けにくい体になるのです。また、抗うつ剤をもらいがてら、日頃の愚痴を医師にこぼしておけばストレスも減らせるので、その点でもうつ病を防げます。医師には守秘義務があるため、意外に何でも話しやすいですから、予防医療の一環として精神科を上手に活用しましょう。

Copyright© 2018 抗うつ剤の処方とうつの原因【発症原因には遺伝的要素もある】 All Rights Reserved.